以前勤めていた会社の同僚におすすめの出張マッサージ

以前に私が勤めていた会社の同僚が、とても興味深い事を話していました。マッサージを受けてみたいと、常日頃から話していたのです。
同僚の場合は、とにかく疲れが蓄積しやすい体質だったようです。日々精力的に働いていますが、様々な精神的な問題なども重なって、関節に関する痛みなども発生しやすい状況だったそうです。
それを何とかする為に、ちょっとマッサージを受けてみたいと常日頃から話していました。確かに同僚の姿を客観的に見てみても、ちょっと大変そうな雰囲気はあったのです。
それで今思い返してみると、もしも同僚が出張マッサージを受けていれば、状況も大きく変わっていたと思われます。出張マッサージは、やはり疲労回復に関しては一定の効果は期待できます。少なくとも血行は大幅に改善される事が多いですから、やはりマッサージを受けないよりは、受けておく方が良いのです。
まして同僚の場合、とにかく普段の仕事が忙しいです。なかなか実店舗で施術を受けるのが難しい状況でしたし、出張が最適だったと思われます。もし同僚が施術を受けていれば、だいぶ体調不良も改善されていたでしょう。
それを考えると、やはり出張マッサージはサラリーマンにとっては頼もしい存在とも言える訳です。

東京都内の家賃相場について

結婚して新しい住居を構える時に、第一希望の居住地としては東京都内でしたが、中央線沿線や小田急線沿線など夫の仕事場への通勤に便利な路線駅はかなり家賃が高くて予算外であったのは本当に残念でした。東京都内でも区は諦めて武蔵野市あたりの奥地のほうまで引っ込んでも、それでも通勤圏内のベッドタウンということから想像以上に家賃が高かったのには本当に参りました。やはり東京都内の不動産は人気なのだということがはっきりと浮き彫りになった出来事でした。

東京都内に住むということは、ある意味ステイタスがあるので、まずほとんどの人は東京に住むことを第一希望にしているのだと思います。そのため需要があるために家賃もある程度強気の設定にしても借り手がしっかりあるのでしょう。

我が家が最終的に手を打ったのはお隣の神奈川県の川崎市でした。東京都に隣接していて東京への通勤も非常に便利という点から十分な妥協策となりました。それでも東京に近くて非常に便利なエリアなので東京都内の家賃相場とほぼ変わらないぐらいか、もしくは本当に少しだけ安いという感じで、さらに駅まで徒歩10分以内ぐらいでしたので満足はできました。東京都内なら同じ家賃でも駅までバス利用などになってしまいます。

東京都は、まさに憧れの地ではありますが庶民にとってはもはや手の届かない状態であると強く感じました。

トップに戻る